CBD Oil

米国マップの大麻

2017年6月26日 強硬な大麻反対派であるセッションズ米司法長官の動向に、新興の大麻関連企業は神経を尖らせている。コンプライアンス違反などでの摘発が増える  2015年4月23日 シリコンヴァレーでは最近、合法大麻を扱うスタートアップや投資会社が増えている。その現状を紹介する動画を、 US版『WIRED』が作成。 2019年12月8日 大麻(マリフアナ)の合法化が2020年の米大統領選で隠れた争点になっている。容認論が高まっている背景を探ると、人種差別など米国社会が抱える特有  2017年6月29日 しかし、米国には連邦法があり、連邦法の「規制物質法(Controlled Substances Act)」では、マリファナはSchedule1に分類される幻覚作用のある禁止  2019年5月13日 一方、米国ではシリコンバレーを含むカリフォルニア州をはじめ30州程度が医療用だけでなく嗜好用の大麻を合法化している。 女性と高齢者が大麻  2019年11月21日 大麻は米連邦政府が規制物質に指定していることもあって、いわゆる4大プロリーグを中心に米国のスポーツ界では広く使用が禁止されてきた。米プロ  2016年11月2日 マリファナ。またの名を大麻。日本では禁断の植物として厳しく規制される一方、米国では使用を認める州が増えているが、連邦法では依然として規制され 

しばらくは様子見? 現状としては、大麻は今までと同様に危険なクスリという認識が多くの人に根付いており、反対する人が大勢いる一方で、「ミレニアル世代」(1981~97年生まれ)と言われる世代では7割以上の人が合法化に賛成しているという結果も出ています。

現在、米国連邦政府の認可を受けている大麻農場は米国内ではただ1つで、米国立薬物乱用研究所(nida)が運営している。ここで生産された大麻は、契約により研究用としてミシシッピ大学(オックスフォード)に提供される。 バイデン氏、米国での大麻の非犯罪化を呼びかける - Sputnik 日本 バイデン氏はテレビ討論会で「大麻を非犯罪化するべきだと考えている。おしまいにしよう。大麻関連で有罪になった人たちは全員、刑務所から釈放されるべきだと思う」と述べた。 カリフォルニア州の大麻販売店 - PotNavi カリフォルニア州の大麻販売店. 太平洋岸北西部に位置するカリフォルニア州では特定患者に対して1996年から医療大麻(マリファナ)の使用を認可していました。 カリフォルニアは医療用大麻を最初に認めた州で、2016年の州民投票によって大麻の成人使用(21歳以上)が合法化されました。 【米国発!Breaking News】“Google Earth”に大麻の畑がハッキリ …

大麻 - Wikipedia

イリノイ州で嗜好用大麻の購入・所持が2020年に合法化(米国) | … 米国イリノイ州で、嗜好(しこう)用大麻の購入と所持が2020年1月1日から合法化される。この法案は5月31日に州議会で可決され、2018年の州知事選挙運動時から嗜好用大麻の合法化を公約に掲げていたJ.B.プリツカー州知事は6 米国、大麻で盛り上がる観光産業 | ナショナルジオグラフィック … この次に大麻観光へ参入する可能性があるのは、オレゴン州、アラスカ州、ワシントンdcである。いずれも今年11月の中間選挙に大麻の娯楽使用合法化の是非を問う住民投票を控えており、コロラドとワシントンの成り行きを注意深く見守っている。 大麻 - Wikipedia

米イリノイ州、大麻解禁5日で12億円販売 品切れ相次ぐ 写真7枚 …

2019年1月25日 米国人消費者のカンナビジオール(CBD)を含む大麻関連商品への関心が高まっている。米国の経済専門家は、2019年は大麻業界が成長する年となると  2019年7月2日 米国イリノイ州で、嗜好(しこう)用大麻の購入と所持が2020年1月1日から合法化される。この法案は5月31日に州議会で可決され、2018年の州知事選挙  2018年10月23日 Twitterで大麻の脱犯罪化政策に関する情報をツイートしているconvict No'798さんが中心になって作成した世界の大麻合法化マップが面白く、とても  2014年4月21日 アメリカ・メリーランド州のマーチン・オマリー知事は4月14日、棚上げになっていた医療用大麻に関する法案の改正案(英文PDF)に署名を行なった。 2019年6月10日 乱用すると、幻覚症状や情緒不安定に陥る大麻。日本では、所持や栽培が禁止されている。しかし、いま大麻で検挙される人が右肩上がりで増えて  2017年6月26日 強硬な大麻反対派であるセッションズ米司法長官の動向に、新興の大麻関連企業は神経を尖らせている。コンプライアンス違反などでの摘発が増える  2015年4月23日 シリコンヴァレーでは最近、合法大麻を扱うスタートアップや投資会社が増えている。その現状を紹介する動画を、 US版『WIRED』が作成。