Blog

アメリカ合衆国の大麻産業

マリファナの定義から産業用大麻を除外し、他の目的のために薬物規制法を改正する。 それは、アメリカ合衆国の上院と下院の議会招集によって成立させて下さい。 セクション1 短いタイトル この法律は、「産業用大麻栽培法2009」と引用されます。 米コロラド州、大麻合法化後に犯罪率が10%減少 米コロラド州、大麻合法化後に犯罪率が10.6パーセント低下アメリカ西部に位置するコロラド州では、2012年に嗜好用目的での大麻(マリファナ)使用の合法化が決定。今年2013年1月1日からは販売も解禁されました。これにより、2012年に解禁さ 大麻、全米で合法化へwwww : ROFLちゃんねる

アメリカではそれをきっかけに次々と合法な州が増え、現在では33州とワシントンD.C.が合法となっています。ただし、THC含有量が0.3%未満である産業用大麻由来のCBD 

2019年12月18日 デイブ・クラビル氏と2人のビジネスパートナーは、小規模ながらヘンプ(産業用大麻)の栽培を始めた。アメリカで再び合法化されたマリファナ品種を2種類、 

アメリカ合衆国の大麻事情について. アメリカでは、連邦政府は依然として大麻を規制しています が、州レベルでは合法化されている州が増えてきています。

先週、米国上下議会共に賛成多数で可決した産業用大麻を規制物質から外す内容が含まれる2018年連邦農業政策法案に12月21日トランプ大統領がサインをした。 アメリカ連邦法で禁止とされているカンナビスは精神作用物質thcを含むマリファナとthcが0.3%以下の産業用大麻(ヘンプ)に分かれて 今年10月17日に大麻入り食品の販売が解禁予定と発表|カナダか … 大麻市場のリサーチを行なっている企業、The Arcviewの調査結果によると、カナダとアメリカ合衆国の大麻入り食品産業市場規模は、2022年に推定41億に上るそう。今後のカナダの動向に注目だ。 世界の大麻 …

2019年5月1日 カナダでは2018年10月に大麻が合法化されたほか、アメリカでも同年12月に連邦議会が「ヘンプ」と呼ばれる産業用大麻を合法化する法案を可決した。

アメリカの2016年時点での合法大麻市場規模はおよそ70億ドル、 今後も成長率は右肩上がりで伸び続け、 2025年に  2019年12月2日 その筆頭であるアメリカの歴史といまを追った『真面目にマリファナの話を に大麻取締規則を、そして産業大麻を規制するために起案された大麻取締法を